• 岡田

ドイツのおにぎり


ドイツ人の味覚の雑さ、食の追及のズレ、というものはどうにも腹立つというか、失笑してしまうものがある。

なんだかんだで、ドイツも、健康に対する意識が高くなってきている。ような気がするが、マヨネーズの国民消費量が減らない限りドイツ人健康アベレージは上がらないだろうな。

と思う中、日本食は健康という、これまた大雑把な信念がある。天ぷら、唐揚げ、大好き。

知り合いの回転寿司屋さんに聞くと、ドイツ人はまずは、春巻き唐揚げの皿をとるらしい。いや、それもう、日本食じゃないよね。。

お寿司、ラーメンという、はやりがきて、おにぎりも徐々に知名度が上がってきているようだ。

今日、牛タンを買いにいつものスーパーに行ってみると。

お魚売り場におにぎりが売っているのを見つけた。

、、なんでお魚売り場なんだろう。。

とりあえずドイツ人の味覚度を試したかったので、購入。

見た目、まわりはゴマがまぶしてある。具は鮭TERIYAKIとは書いてあるものの、

なんだかよくわからない。

袋から出してみる。

見た目からして、うーん。。これお米だよね。。

ペースト化してお米の粒が見えないのですが、

どんだけの力で握られたのでしょうか。。

パッケージにTokyoって書くのやめて、、

これで何も知らないドイツ人が、このおにぎり食べて、日本人はまったくもって味覚馬鹿な人種なんだなって、思われたくない。。

まずはご賞味。

思ったこと、

企画開発者、そこにひざまづいて、農家の皆さんに謝罪してほしい。

ドイツ人の味覚に、怒りと悲しみを覚えると共に1.99euroが消えていった。


STARTS Deutschland GmbH

Bergerstr.14

40213 Düsseldorf

フランクフルトのサイトはこちらから

Copyright © 2016 STARTS Corporation. ALL Rights Reserved