奥義料理

January 22, 2020

少々遅くなったが、ハノーファーの友達と新年会を開催した。

相変わらず男料理で気兼ねなくというやつ。

今回の岡田メニューは、水炊きゴマ鍋、和風サーモンタルタル、カプレーゼ、スズキのアルミ蒸し、そして奥義料理。

本当は、牛タン、成熟豚のBBQもと思ったけど、ちょっとto muchだったので、次の日に第二新年会を実施するということになった。

基本、友達には、BBQのやり方や、以前はハンバーグの作り方を教えたけど、それ以外は、料理をしないに等しい。

彼的には、チームのメンバーなどを招待してパーティーを開くために何か料理を覚えたいとのこと、

やっぱりここは、料理人の僕が、彼に男をあげる料理を覚えるしかないでしょう。

ということで、奥義料理を用意した。

奥義料理とは、ローストビーフ。

ローストビーフの作り方を知らない人は、“え、こんなすごい料理できるなんてすごい!“

と思ってしまうはず。実際の作り方は、簡単、簡単すぎて料理と呼んでいいのだろうか。と思うくらい。

簡単に言うと、

1. 塩すりこんで常温2時間、

2.表面軽く焼く

3.ラップとアルミで巻く

4.5分煮る、火から鍋をはずし30分放っておく

5.鍋から肉を取り出し冷めるまで放っておく。

 

これだけで奇跡的な美味しい肉料理ができる。

そして周りからは尊敬の眼差しを向けてもらえるのだ。

この料理を覚えれば、もう子供からは、お父さんは臭いからあっちいって、などといわせない。

世のお父さんども、ローストビーフで失いかけた威厳を取り戻すのだ!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

January 22, 2020

December 19, 2019

December 6, 2019

November 7, 2019

November 7, 2019

September 22, 2019

Please reload